ローフードを食べていれば、本当にやせるんですか?

ローフードを食べていれば、本当にやせるんですか?

ローフードを取り入れていくと、体内の消化はスムーズになり、無駄な脂肪をためないままエネルギーに変えられる、という仕組みについてはおわかりいただいたと思います。またこれ以外にも、ローフードは体を美しいバランス・その人の適正体重に近づける重要な働きを果たします。ローフードを多く含んだ食事では、「加熱したもの・加工したものばかりの食事より、ビタミン・ミネラルの損失が少なく、さまざまな栄養素が細胞に届きやすいので、体が一定の量で満足を得ることができる」「結果として、摂取したくなるカロリー量が減り、体重の減少にもつながる。必要な栄養素は届いているので、体にストレスを感じない」「酵素が食品に多く含まれているので、消化にかかる負担も少なくなる。腸内環境もよくなり、全体的な健康のレベルが上がる」という、正の連鎖が起こります。「自分の中にある正しい食欲の量がわかりやすくなる」ことも、ローフードをとる利点のひとつです。

「食べたのに、必要なものが足りていない!」体がストレスを感じると、そもそも、「もっと食べたい」「もう満腹」などの、食欲の信号と内分泌腺は大きな関わりがあります。内分泌腺と、自律神経系の働きとで、本来バランスが保たれているはずのものです。内分泌腺は体全体のホルモンと関わりがあり、各所に指令を出す役割を担っていますが、大変デリケートな部位で、何らかの事情でストレスがかかると出す信号が狂ったり、調整機能がうまくなくなったりしてしまいます。特に、白砂糖、アルコール、脂肪といった、カロリーはあるがその中に栄養がまったく含まれていない食品(=「空のカロリー」と呼ばれています)ばかりの食事を続けていると、内分泌腺はバランスを崩してしまうのです。

内分泌腺は長年の経験で、「カロリーが入ってきたら、栄養も得られる!」と期待します。でも実際に入ってくるのは「空のカロリー」なので、期待を裏切られた内分泌腺は「もっと食べろ!」という信号を出し続けてしまうのです。体が満足していれば、人は「必要なだけの食事で十分」と感じるはずです。ある程度食べているのに、でも「もっと食べたい」と感じるのは、逆にいえば「あなたの体の中で、何か必要な栄養素が足りない!という信号が出ている」のです。お腹はいっぱいでも、必要なメンバーが足りていないからこそ、「もっと食べろ!」といってきているわけです。本来なら、次の食事でその栄養素が入ってくることを体は期待しているわけですが、先に挙げた成分では全く栄養を摂ることができません。

太りたい人には太るサプリが良い

私みたいに痩せたい!って思ってる人もいれば、逆に太りたいという人もいるんですよね…。
私は今まで太る方法なんて検索したことすらなかったので 【太るためのサプリ】が存在することすら知りませんでした。 そんなサプリがあるなら試さない理由はない! その太る効果を信じて、ひたすら毎日サプリを飲み続けました。 その結果、私はふっくらとした体型を手に入れたんです! http://www.60minut.info/
太るサプリで簡単に太れるようです。